*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

11/8の男子フィギアFSをリアルで見ていたので・・・

男子フィギアスケートを見て、感涙したのは、初めてでした。

でもって、本家ブログが荒れるのもなんなんで、こちらで、ぶつくさと(笑)

負傷の後、試合に出てあれこれと皆さんのご意見で賑わっているここ数日ですけど・・・・

決定権を持っているのは、ご本人でして、ご本人の意思で続行となったわけで

この意思の持ち主が、ここまでの地位を築いたわけで

棄権主張のご意見の皆さんの、結果論として、

 棄権・安静イコール軽度の後遺症・重傷回避、回復早し、4年後のオリンピックでメダル獲得(長い目で見ればそのほうが将来ある身の穏当な?大人・プロの身の処し方)

 のレールが敷かれているかような思惑が伺えてしまうのですが・・・、



そうかね???


 

 大事をとって安静にしようとすれば、できるけど、いかんせん、ユヅってひとは、その時々の試合で「全力投球」の人で、安易に一般論をあてはめようとしても無理があるんじゃないかな?と。


 すでに、体はボロボロだし、10代で金メダリストになってしまったのだから、

 高橋大輔の年まで、フィギア選手として試合にでてはいないとおもう。


 あの後の試合・演技を見ていても、無理そうなとこは、彼なりに回避して滑っていたように私には見えた(泣いていたけど)。

 あの試合続行で、後の選手生命が短くなったとしても、体調不調で冴えない成績になってしまっても、彼は、あの決意に後悔しないと思うよね。

 応援してくれた皆さんには、申し訳ないけど・・・自分は悔いのないように、その時にできる力を出し切って、演技しました。

  ってね・・・。


だから、キス&クライで、あの採点が出た時に、彼は、あれほど、感涙したのだと思う。

ソチで、金メダルをとった時よりも、とても、いい顔をしていたよ。



強情っぱりって、上手に世渡りできないんだもん。


スポンサーサイト

Author:mikagemori
FC2ブログへようこそ!

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード