*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

            午後、近所の公園梅林散策



                    梅にヒヨドリ


ヒヨドリは愛嬌のある鳥だと思います
 (果樹農家には嫌われ者なんだけど・・)

100227-2.jpg




 ヒヨドリ(鵯)  スズメ目 ヒヨドリ科

 日本では里山や公園でよく見られる身近な野鳥の一つである。全身がグレーで尾が長く、スマートな体型。くちばしが長く、やや下に曲がっているように見える。頭の羽毛は長めで、ときどき立てる。耳羽(じう)は茶かっ色である。全国の林、市街地から山地の林などに広くすむ留鳥だが、草原や湿原にはすまない。昆虫などを食べるほか、花の蜜(みつ)、木の実なども好む。巣は木の枝につくるが、市街地では街路樹、植えこみなどにもつくる。
 狩猟鳥の指定も果樹を食害する為で、煩瑣な手続きを経ないで駆除できるよう配慮したため。経ないで駆除できるよう配慮したためである。仔飼いにすると非常によく慣れ、飼い主を見分けることから平安時代は貴族の間で盛んに飼われた。

 鳴声:ピーヨ、ピーヨと騒がしく鳴き、飛びながらピーッ、ピーッと鳴く。ピーヨキュルキュルキュルなどとも。
     「ヒーヨ!ヒーヨ!」と聞こえ、和名はこの鳴き声に由来するという説もある。




※記事中の、鳥の詳細・説明は 「Yahooきっず図鑑」「Yachoo!オンライン野鳥図鑑」を参照させていただきました。



スポンサーサイト

Author:mikagemori
FC2ブログへようこそ!

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード